ブログ

新専門医制度の病院に与える影響

新しい専門医制度が病院に与える影響も大きい。
後期研修医プログラムの認定条件として、施設に内科専門医の在籍が必要となる。したがって内科専門医の人数が足りないと後期研修医を採用できないという事態が
生じます。
各病院は内科医師に専門医取得を促している状況です。
これには比較的若い医師は積極的に勉強しているようだが、中堅以上の医師は今さら勉強する体力はない、といった様子。
  
したがって、新しい専門医制度によって恩恵を受ける病院と逆に損をする病院に分かれてきます。
 
大学病院クラスの大きい病院は専門医も多いため多くの後期研修をを受け入れることができます。
 
内科専門医がいない可能性のある比較的小さな病院や地方の病院ではこれまでのように後期研修医を受け入れられない可能性があります。
地域医療を志すドクターにとっては働きたくてもそこで働けないという状況がうまれてしまいます。
 
スーパーローテートのシステムがかわってから医局が崩壊するといわれていましたが、実際に崩壊することはなくむしろたくさんの弊害が生じました。
その一つとして大学病院で後期研修をうける若い医師が減ったことです。
やはり日本の医療を支えているのは大学病院です。
そこから人が減ってしまうのは日本医療にとってマイナス。
新しい専門医制度は大学病院を再生しなおすきっかけにもなるかもしれません。

  
 
上質な白衣とスクラブのイルクオーレ
 
 

LINEで送る